EVENT

  • 撮影:Nonoko Kameyama撮影:Nonoko Kameyama 撮影:Nonoko Kameyama撮影:Nonoko Kameyama 撮影:Nonoko Kameyama撮影:Nonoko Kameyama
  • 撮影:本田雄士撮影:本田雄士 撮影:本田雄士撮影:本田雄士 撮影:本田雄士撮影:本田雄士
  • 撮影:新津保建秀撮影:新津保建秀 撮影:新津保建秀撮影:新津保建秀 撮影:新津保建秀撮影:新津保建秀
CLOSED
CLOSED

EVENT

インターネット時代の風景論

  • ジャンル:風景 / その他 トークショー / その他
  • 主催者:IMA CONCEPT STORE
  • 開催期間:2014年11月19日〜12月17日
  • フォトグラファー:新津保建秀 / Nerhol / ホンマタカシ / 横田大輔

【参加費 / お申込み】
 イベント参加規約 をお読みの上、お申込み下さい。また、IMA MEMBERSへのご登録が必要となります。新規ご登録は こちら から。既にご登録がお済みの方は、商品ページ右上よりサインインした後、カートに追加してください。

※全編受講及び、11月19日(水) 「デスクトップの風景論 アーカイヴと無意識」、第2回:11月26日(水)「デジタル時代の身体性」、第3回:12月3日(水)20:00~22:00 「インターネット・リアリティその後」、第4回:12月9日(火)20:00~22:00 「インターネット時代における写真と画像について」、第5回:12月17日(水)20:00~22:00は締め切らせていただきました。

■全編受講
11月19日(水)~12月17日(水)
一般:9,900円(税込)
雑誌『IMA』定期購読会員:9,000円(税込)

■第1回:11月19日(水)20:00~22:00 「デスクトップの風景論 アーカイヴと無意識」
一般:2,200円(税込)
雑誌『IMA』定期購読会員:2,000円(税込)

■第2回:11月26日(水)20:00~22:00 「デジタル時代の身体性」
一般:2,200円(税込)
雑誌『IMA』定期購読会員:2,000円(税込)

■第3回:12月3日(水)20:00~22:00 「インターネット・リアリティその後」
一般:2,200円(税込)
雑誌『IMA』定期購読会員:2,000円(税込)

■第4回:12月9日(火)20:00~22:00 「インターネット時代における写真と画像について」
一般:2,200円(税込)
雑誌『IMA』定期購読会員:2,000円(税込)

■第5回:12月17日(水)20:00~22:00 「複製技術時代のコミュニティ」
一般:2,200円(税込)
雑誌『IMA』定期購読会員:2,000円(税込)

※English translation is below.

19世紀末、リュミエール兄弟がシネマトグラフを発表し、映像の世紀が幕を開けたように、20世紀末、PCの普及とともに、インターネットの時代が幕をあけた。それから現在にいたるまで、インターネットは確実に人々の生活に深く浸透し、「画面」は日常の多くの時間、我々の視覚を支配するようになった。もはや、それは生活と切り離すことのできない風景の一部と言えるだろう。
 
人々がここ20年の間に手にしたその新しいメディア環境は、我々の生活に多くの恩恵を与えてきた事は間違いない。だがその一方でその環境は、私たちの身体感覚や概念といった目に見えない何かに大きな変化を与えているのかもしれない。

ヴァルター・ベンヤミンは『複製技術時代の芸術』の中で、複製技術によるアウラの消滅を唱えたが、インターネットの時代においては、何が消滅し、そして何が生成されるのだろうか? またそういった現代の変化の中で、イメージそれ自体は、写真は、映像は、表現は、アートは、どのような役割を担って行くのだろうか?そうした果てのない議論に向けて、5回にわたる連続トークセッションを行う。


【日程・内容・ゲスト】
■第1回:11月19日(水)20:00~22:00
「デスクトップの風景論 アーカイヴと無意識」
ゲスト: 新津保建秀 、 田中良治 (Semitransparent Design)

写真集『\風景』でデスクトップに現れるイメージを新しい風景として提示した新津保建秀と、ウェブデザイナーとして活躍する傍ら、自身のアートワークや展覧会のキュレーションなどを通して、新しいメディア環境に対しての問いを発信する田中良治。その二人が見つめる「今」の風景についてのトークセッション。

■第2回:11月26日(水)20:00~22:00
「デジタル時代の身体性」
ゲスト: Nerhol (アートユニット)、 星野太 (美学/表象文化論)、 横田大輔 (写真家)
*Nerholは田中義久氏が出演予定

アナログとデジタル、その両方の技法を取り込み、独自のイメージ世界を構築する横田大輔。連続して撮影した大量の画像を一枚ずつ丁寧に切断と積層を重ね、イメージと時間を写真彫刻に込めるNerhol。国際的な写真シーンからも注目される若手アーティスト2組と美学/表象文化論の星野太を交えて、デジタル時代の身体感覚と表現について考察する。

■第3回:12月3日(水)20:00~22:00
「インターネット・リアリティその後」
ゲスト: exonemo (アートユニット)、 谷口暁彦 (アーティスト)、畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)
*exonemoは千房けん輔氏が出演予定

インターネットが当たり前となった新しい日常の中で、私たちのリアリティも変容しているのではないだろうか?という問題意識とともに、2011年に発足した「インターネット・リアリティ研究会」。NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]で発表されてきた議題をもとに、今一度、インターネット時代におけるリアリティついての議論を深める。

■第4回:12月9日(火)20:00~22:00
「インターネット時代における写真と画像について」
ゲスト: 田村友一郎 (アーティスト)、ホンマタカシ(写真家)

インターネット、それを膨大なイメージのアーカイブと捉える事ができる。そしてそこから抽出されるイメージは、与えられるコンテクストによって、撮影者の手を離れ意味が変容していく。「写真」というメディアへの考察を重ねて来た写真家ホンマタカシとGoogleストリートビューのイメージで構成されたロードムービー《NIGHT LESS》を制作した田村友一郎を招き、そうした状況におけるイメージとは?写真とは?という問いについて考察する。

■第5回:12月17日(水)20:00~22:00
「複製技術時代のコミュニティ」
ゲスト: 江渡浩一郎 (独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員/ニコニコ学会β実行委員長/メディアアーティスト)、ドミニク・チェン(株式会社ディヴィデュアル 共同創業者 取締役/NPOコモンスフィア理事)

ユーザー参加型研究のプラットフォーム、ニコニコ学会βを発足した江渡 浩一郎。インターネット時代の新しいライセンスを提唱するクリエイティブ・コモンズ・ジャパン(現コモンスフィア)や様々なアプリ開発を行う株式会社ディヴィデュアルのドミニク・チェン。いずれもメディアアーティストとしてのキャリアを持ちながら、実社会を表現の場として、自身のアイデアを実装し、ユーザーを中心とした新しい社会システムを牽引している。そうした2人の見えている世界から、今のメディア環境とこれからを展望する。

【モデレーター】
山峰潤也 東京都写真美術館 学芸員/キュレイター
2006年から2008年まで文化庁メディア芸術祭事務局。2008年から東京都写真美術館学芸員。同年から「恵比寿映像祭」にキュレイターとして参画。主な展覧会に「3Dヴィジョンズ」、「見えない世界のみつめ方」(東京都写真美術館)。その他、フリーペーパーの編集やInternational Festival for Computer Art(スロベニア)、Waterpieces(ラトビア)などで上映、ライブ、展示などの企画。現在、明治学院大学非常勤講師。

【料金】
各回受講の方
<一般> ¥2,200(税込)<雑誌『IMA』定期購読会員> ¥2,000(税込)
全編受講の方
<一般> ¥9,900(税込)<雑誌『IMA』定期購読会員> ¥9,000(税込)

【お支払方法】
クレジットカードでお支払い


Event: Landscape Theory in the Internet Age
Site: IMA CONCEPT STORE
Dates:
Discussion 1: November 19 (Wed) 20:00–22:00
Discussion 2: November 26 (Wed) 20:00–22:00
Discussion 3: December 3 (Wed) 20:00-22:00
Discussion 4: December 9 (Tue) 20:00-22:00
Discussion 5: December 17 (Wed) 20:00-22:00

Just as the Lumière brothers invented cinematograph at the end of the 19th Century to open the 20th Century, the end of the 20th Century witnessed the spread of personal computers and the dawn of the Internet age. Since then, the Internet has become thoroughly entrenched in people’s lives. The screen now dominates many hours of people’s lives daily to become an inescapable landscape in everyday life.

This new media environment has certainly delivered an abundance of knowledge to its inhabitants. On the other hand, however, it may also have caused an imperceptible, but dramatic change in our thoughts and physical sensations.

In his famous essay, “The Work of Art in the Age of Mechanical Reproduction,” Walter Benjamin argued that mechanical reproduction eliminated the aura of artworks. After the demise of this aura, what has the Internet age produced? And what roles do the image, photograph, moving pictures, art, and creative expression play in this transformative age? Five discussions will be held in an attempt to consider these unanswerable questions.

<Schedule>
<<Discussion 1>> November 19 (Wed) 20:00–22:00
“Desktop Landscape Theory: The Archive and the Unconscious”
Guests: Kenshu Shintsubo and Ryoji Tanaka (web designer)

Kenshu Shintsubo, whose book "Landscape" identified desktop images as a new landscape, and Ryoji Tanaka, who works as a web designer while creating artworks and curating exhibitions that interrogate the new media environment, will discuss the contemporary state of the landscape.

<<Discussion 2>> November 26 (Wed) 20:00–22:00
“Embodiment in the Digital Age”
Guests: Nerhol (art unit), Futoshi Hoshino (art and cultural representation theorist), and Daisuke Yokota (photographer)
Yoshihisa Tanaka is scheduled to represent Nerhol

Daisuke Yokota is a photographer who constructs a unique world of images using both analog and digital technologies. Nerhol constructs photographic sculptures that contain both visual and temporal dimensions by shooting an immense number of images over a period of time and cutting and layering the individual images. These two young artists, who have received international acclaim, and art and cultural representation theorist Futoshi Hoshino, will consider the state of embodiment and expression in the digital age.

<<Discussion 3>> December 3 (Wed) 20:00-22:00
“After Internet Reality”
Guests: exonemo (art unit), Akihiko Taniguci (artist), Minoru Hatanaka (NTT Inter-Communication Center (ICC) chief curator)
*Kensuke Senbo is scheduled to represent exonemo

In our new everyday lives, in which the Internet is a given, is our reality sense of changing? The “Internet Reality Research Group” was launched in 2011 to address the question. The panelists will discuss the topics announced by NTT’s Inter-Communication Center (ICC) as well as what the state of reality in the Internet age.

<<Discussion 4>> December 9 (Tue) 20:00-22:00
“Phtogorpahy and Image in the Internet Age”
Guests: Yuichiro Tamura (artist) and Takashi Homma (photographer)

The Internet can be understood as a massive image archive. The images extracted from the Internet can be placed in new contexts to give new meanings to images, which have little to do with the image-maker’s original intentions. Takashi Homma, who has given much thought to the photographic medium, and Yuichiro Tamura, who created NIGHT LESS, a road movie comprising images from Google Street View, will discuss the state of the image and photography in the age of the Internet.

<<Discussion 5>> December 17 (Wed) 20:00-22:00
“Community in the Age of Mechanical Reproduction”
Guests: Kichiro Eto (Senior Research Scientist, Social Intelligence Research Group, Intelligent Systems Research Institute, National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST); Chairman of the Executive Committee, Niconico Academy β and media artist) and Dominick Chen (Co-Founder, Dividual Inc. and CEO, NPO Common Sphere)

Kichiro Eto is the founder of “Niconico Academy β,” a user-participation-based research platform. Dominick Chen operates Creative Commons Japan (currently Commonsphere), which proposes a new licensing system for the Internet age, and Dividual Inc., a developer of various applications. Both have previously worked as media artists and currently lead the new user-centered social system by implementing their ideas in the real world. Eto and Chen will provide their perspectives on the contemporary media environment.

Moderator: Junya Yamamine, Curator at Tokyo Metropolitan Museum of Photography
Yamaine was the Planning Director of the Japan Media Arts Festival from 2006 to 2008. Since 2008, he has been a Curator at the Tokyo Metropolitan Museum of Photography. His major exhibitions include “3D Visions” and “Beyond the Naked Eye” (both at Tokyo Metropolitan Museum of Photography). He has also edited a free magazine and planned concerts, exhibitions, and screenings for the International Festival for Computer Art (Slovenia) and Waterpieces (Latvia). He is currently adjunct professor at Meiji Gakuin University.

<Fee>
<<Per lecture>>
General: ¥2,200 (tax incl.)
IMA subscribers: ¥2,000 (tax incl.)

<<For the entire series>>
General: ¥9,900 (tax incl.)
IMA subscribers: ¥9,000 (tax incl.)

<Contact>
Please e-mail info@imaconceptstore.jp for reservations.

Contact: IMA CONCEPT STORE 5-17-1 AXIS Bldg. 3F Roppongi Minato-ku, Tokyo TEL:+81(0)3-5572-7144
Hours of operation: 11:00-22:00(open daily unless otherwise noted)
MAIL: info@imaconceptstore.jp

INFORMATION
開催地 IMA CONCEPT STORE
出演者 新津保建秀(写真家)
Nerhol(アートユニット)
ホンマタカシ(写真家)
横田大輔(写真家)
exonemo(アートユニット)
江渡浩一郎(独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員/ニコニコ学会β実行委員長/メディアアーティスト)
田中良治(Semitransparent Design)
谷口暁彦(アーティスト)
田村友一郎(アーティスト)
ドミニク・チェン(株式会社ディヴィデュアル 共同創業者 取締役/NPOコモンスフィア理事)
畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)
星野太(美学/表象文化論)
定員 各回 80名
料金 【各回受講の方】 <一般> ¥2,200(税込)<雑誌『IMA』定期購読会員> ¥2,000(税込)【全編受講の方】<一般> ¥9,900(税込)<雑誌『IMA』定期購読会員> ¥9,000(税込) *各回 IMA CAFE「OBSCURA COFFEE ROASTERS」コーヒー1杯つき
支払い方法 クレジットカード
申込期間  - 2014年11月18日(火)
開催地
IMA CONCEPT STORE
出演者
新津保建秀(写真家)
Nerhol(アートユニット)
ホンマタカシ(写真家)
横田大輔(写真家)
exonemo(アートユニット)
江渡浩一郎(独立行政法人産業技術総合研究所主任研究員/ニコニコ学会β実行委員長/メディアアーティスト)
田中良治(Semitransparent Design)
谷口暁彦(アーティスト)
田村友一郎(アーティスト)
ドミニク・チェン(株式会社ディヴィデュアル 共同創業者 取締役/NPOコモンスフィア理事)
畠中実(NTTインターコミュニケーション・センター[ICC]主任学芸員)
星野太(美学/表象文化論)
定員
各回 80名
料金
【各回受講の方】 <一般> ¥2,200(税込)<雑誌『IMA』定期購読会員> ¥2,000(税込)【全編受講の方】<一般> ¥9,900(税込)<雑誌『IMA』定期購読会員> ¥9,000(税込) *各回 IMA CAFE「OBSCURA COFFEE ROASTERS」コーヒー1杯つき
支払い方法
クレジットカード
申込期間
 - 2014年11月18日(火)
subcolumn-store-map

東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144
火〜土: 11:00-19:00
定休日:日・月・祝祭日、年末年始

subcolumn-store-map

東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144
火〜土: 11:00-19:00
定休日:日・月・祝祭日、年末年始

subcolumn-store-map

東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144
火〜土: 11:00-19:00
定休日:日・月・祝祭日、年末年始