EXHIBITION

BAU#3677, 2012 (c)Takashi Suzuki
BAU#3677, 2012 (c)Takashi Suzuki
BAU#3677, 2012 (c)Takashi Suzuki
BAU#3677, 2012 (c)Takashi Suzuki
BAU#3677, 2012 (c)Takashi Suzuki
BAU#3677, 2012 (c)Takashi Suzuki
CLOSED
CLOSED

EXHIBITION

Form-Philia

  • ジャンル:静物 / その他
  • 開催地:IMA CONCEPT STORE
  • 開催日:2015年05月29日(金) - 2015年07月12日(日)
  • フォトグラファー:鈴木崇

※English translation is below.

「モノには必ず形がある。
形が分からないものを想像するということは、
視覚的経験が豊富だとしても難しいと思う。
僕にとっての写真とは、目に見えている世界を切り取り、
元あったものとは違う形と意味を与える行為であり、
写真で撮られたイメージを見ることとは、
新たに与えられた形を見て意味を探ることなのだと考えている。」
- 鈴木崇

「Form-Philia」とは、形(フォルム)を意味する「Form」と嗜好、偏愛などを意味する「Philia」を組み合わせた造語。本展覧会では代表作「BAU」、「ARCA」に加えて、新作「Fictum」を含めた3つのシリーズで構成され、写真というメディアを通して、写真を見ることの意味に向き合ってきた鈴木崇の作品が一堂に会する機会となります。
「BAU」シリーズはカラフルなスポンジを組み合わせてさまざまなフォルムを構築していく意欲作で、昨年オランダの写真フェア「Unseen」でも人気を博しました。あえて黒い背景を用いることで、「BAU」が意味する「建物」や「構造」という側面が浮かび上がり、それが膨大なパターンとして増殖していくことで、日用品であるスポンジは別の意味を帯びていきます。今回は500点にも及ぶシリーズの中からIMA galleryの空間に合わせたインスタレーションで展示します。
「ARCA」は、現象である影を正面から写した作品。大判カメラで撮影し、大きく引き延ばされたイメージは、輪郭やサイズなどの情報が奪われ影本来の持つ意味を超えた新しい構造物として表出します。
さらに今回は、日本の混沌とした家々の写真をモンタージュしながら、建築物が重なっていくことによって生まれる奇妙な風景を創造する新作「Fictum」も出品。
写真というメディアによる視点と表現を与えることで、スポンジ、影、家屋など見慣れた日常の形に新たなフォルムを見出し、異なる意味と価値を生み出す鈴木崇の思考の軌跡に触れてください。

鈴木崇(Takashi Suzuki)
The Art Institute of Boston写真学科卒業後、デュッセルドルフ芸術アカデミートーマス・ルフクラス研究生とトーマス・シュトゥルートのアシスタントとしてドイツに滞在。見ることから生じる視覚と知覚の関係性をテーマに国内外で作品を発表。主な展覧会に「写真の現在3:臨界をめぐる6つの試論」東京国立近代美術館、東京(2006年)、「これからの写真」愛知県美術館、愛知(2014年)等。昨年作品集「kontrapunkt」をドイツのTRADEMARK PUBLISHINGより刊行。

【関連イベント】
1.5月30日(土)17:00~18:30
鈴木崇写真展「Form-Philia」関連企画トークイベント
「写真とフォルムの関係性」

ゲスト(予定):
鈴木崇(写真家) × 布施英利
詳細は こちら へ

2.6月21日(日)17:00~18:30
鈴木崇写真展「Form-Philia」関連企画トークイベント
「美術史で読み解く鈴木崇作品」鈴木崇×鈴木芳雄

ゲスト(予定):
鈴木崇(写真家) × 鈴木芳雄
詳細は こちら へ


Exhibition: Form-Philia
Site: IMA CONCEPT STORE
Dates: May 29 (Fri) - July 12(Sun). 2015
Photographers: Takashi Suzuki

“Objects always have form. Even with a wealth of visual experience, it’s difficult to imagine a thing without knowledge of its form. For me, photography is a way of cutting out a part of the visible world and giving it a new form and meaning. To look at a photographic image, therefore, is to search for meaning in new form.”
-Takashi Suzuki

“Form-Philia” is a neologism combining “form” and “philia” ; meaning a strong feeling, love, or unusual desire for something. The current exhibition shows three series include Suzuki’s best-known works BAU, previous series of ARCA and newest series of Fictum. This exhibition will provide an overview of Suzuki’s works, which have used the photographic medium to interrogate what it means to look at photographs.

The ambitious BAU series, which was acclaimed at the Dutch photography fair “Unseen” last year, comprises images capturing various forms made by combining colorful sponges. By using a black background, Suzuki highlights the “construction” and “structure” (both are definitions of bau) of these forms, which in their proliferation and various patterns, divorces sponges from their conventional meaning. For the current exhibition, in order to best suited to the IMA gallery space, works will be selected and installed from the entire works of 500.
The images in Suzuki’s series ARCA capture the phenomenon of shadows to see from the front. To photographed with a large format camera and printed large, the images lose their specific contours and sizes, as well as their meaning as shadows, those become a new structure. In his newest series Fictum, Suzuki has montaged photographs of the chaotic clutter of Japanese cities to create a new landscape.

By using the photographic medium and perspective, he gives new meaning and value to everyday forms such as houses, shadows, and sponges. We hope you’ll take this opportunity to follow the trajectory of Suzuki’s thoughts.

Takashi Suzuki
After graduating from the Photography Department at the Art Institute of Boston, Suzuki assisted professor Thomas Struth and research student Thomas Ruff at Kunstakademie at the Arts Academy of the city of Düsseldorf, Germany. He has exhibited works, addressing the act of looking and the relation between vision and perception therein, in Japan and abroad. His major exhibitions include “Photography Today 3: Resolution/Dissolution” at The National Museum of Modern Art, Tokyo, Japan (2006) and “Photography Will Be” at the Aichi Prefectural Museum of Art, Nagoya, Japan (2014). Last year, the German publisher TRADEMARK PUBLISHING published kontrapunkt, a book of Suzuki’s works.

Contact: IMA CONCEPT STORE 5-17-1 AXIS Bldg. 3F Roppongi Minato-ku, Tokyo TEL:+81(0)3-5572-7144
Hours of operation: Weekdays : 12:00-22:00 Saturdays, Sundays, and National Holidays : 11:00-20:00
MAIL: info@imaconceptstore.jp

INFORMATION
住所 〒 106-0032 東京都 港区 六本木5-17-1 AXISビル3F
開館時間 平日 : 12:00 土日祝 : 11:00~平日 : 22:00 土日祝 : 20:00
※2015年5月1日より下記の通り、開館時間が変更となりました。
観覧料 無料
住所
〒 106-0032 東京都 港区 六本木5-17-1 AXISビル3F
開館時間
平日 : 12:00 土日祝 : 11:00~平日 : 22:00 土日祝 : 20:00
※2015年5月1日より下記の通り、開館時間が変更となりました。
観覧料
無料
subcolumn-store-map

東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144
火〜土: 11:00-19:00
定休日:日・月・祝祭日、年末年始

subcolumn-store-map

東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144
火〜土: 11:00-19:00
定休日:日・月・祝祭日、年末年始

subcolumn-store-map

東京都港区六本木5-17-1 AXISビル3F
TEL: 03-5572-7144
火〜土: 11:00-19:00
定休日:日・月・祝祭日、年末年始